坑道-龍源寺間歩(まぶ)


龍源寺間歩(まぶ)

石見銀山の坑道のことを間歩(まぶ)といいます。

石見銀山には500を超える間歩が発見されています。

その中で最も整備されている間歩(まぶ)が、龍源寺間歩です。

s-DSC04093

入口から157メートルほど続く水平坑道

随所に残るノミの跡、排水のための竪坑道を見ながら進みます。

車椅子でも見学できるように、下は舗装されていますので安心して見学できます。

坑道の突き当りを左折し、約116メートル栃畑新坑に電照板が並べられていますので、石見銀山絵巻展示を見ながら出口へと進みます。

s-DSC04104

s-DSC04105 s-DSC04106 s-DSC04107 s-DSC04108 s-DSC04109 s-DSC04110 s-DSC04111 s-DSC04112 s-DSC04113 s-DSC04114 s-DSC04115 s-DSC04116 s-DSC04117 s-DSC04118 s-DSC04119

0854-89-0347
バス停大森から徒歩45分
9:00-17:00(12月~2月は16:00)
定休1月1日
400円